1.19 Tue. 10:00 - 11:00

トークセッション ②
スタートアップ都市発
イノベーションの育て方 ~成果と展望~

つくば市は「つくばSociety 5.0社会実装トライアル」、浜松市は「浜松市実証実験サポート事業」、三重県は「空飛ぶクルマ」等、都市におけるハード・ソフト両面の環境整備を通じたイノベーション振興に取り組んでいます。今回は、これらの都市の取り組みも交えつつ、これまでの成果と今後の展望について、3自治体の首長でパネルディスカッションを行います。

つくば市 五十嵐立青市長
1978年生まれ。筑波大学国際総合学類、ロンドン大学 UCL公共政策研究所修士課程、筑波大学大学院人文社会科学研究科修了、博士(国際政治経済学)。
つくば市議を経て、2016年よりつくば市長。
いがらしコーチングオフィス代表として経営層にコーチングプログラムを提供。地域では障害のあるスタッフが働く農場「ごきげんファーム」を設立 (現在は代表退任)。マニフェスト大賞において2017年首長部門優秀賞受賞、2020年優秀マニフェスト推進賞受賞。
浜松市 鈴木康友市長
1957年静岡県浜松市生まれ。
1980年慶應義塾大学法学部を卒業後、松下政経塾に入塾(第1期生)。2000年6月に衆議院議員に初当選(2期)。2007年5月浜松市長に就任し、現在4期目。三遠南信地域(愛知県東三河地域、静岡県遠州地域、長野県南信州地域)連携ビジョン推進会議(SENA)会長。2011年12月から指定都市市長会副会長。
三重県 鈴木英敬知事
1974年生まれ。経済産業省時代に一円起業やジョブカフェなどを手掛ける。36歳(歴代2番目の若さ)で三重県知事に当選し、現在3期目。伊勢志摩サミットの誘致を牽引し、「オール三重」で無事かつ成功裏に完遂。現在、全国知事会の地方創生対策本部長や国の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部委員なども務める。家族は五輪メダリストの妻・武田美保と一男一女。現職知事として初めて第一子、第二子とも育休を取得。
NewsPicks Studios CEO 佐々木紀彦氏(モデレーター)
1979年福岡県生まれ。東洋経済オンライン編集長を経て、2014年にNewsPicksへ移籍。NewsPicks Studios CEO、NewsPicks NewSchool校長。著書に『日本3.0』『米国製エリートは本当にすごいのか?』『5年後、メディアは稼げるか』がある。最新著に『編集思考』。